ナンパで大切なことを気付かせてもらえた時の話

60 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。














ナンパをしてたらどんどん女の子と出会える。
































普通じゃ考えられない人数の女の子を抱ける機会が
あって毎晩毎晩ヤってると感覚がおかしくなってくる






























素敵やな。って思える人と出会えても
「けど、まだもっと素敵な人居てるのでは?」って
考えてしまう



















もっと、、、もっと、、、もっと、、、って





















理想ばかり大きくなって見えない誰かをずっと
追いかけてしまう。




















このスパイラルにハマったらもう戻れない



















普通の人は学生時代の友達、職場、紹介など
だいたいその辺りのコミュニティーで恋愛する




















けどナンパを本気でしてしまうと普通の人の一生分の
出会いを数ヶ月〜1年くらいで余裕でこなしてしまう

























感覚が狂ってくる、、、























ねえねえ ナンパの神様見てますかー?
























一人の女の子をナンパをきっかけに救いました。






















もし見てるなら「スト高即らせて下さい」とか
「巨乳女子即らせて下さい」とかそんな厚かましい
わがまま言わないんで 僕を普通の人の感覚に戻して下さい、、、






















この世界から一生抜けれない、、







































某日













この日は休みで夕方まで寝続ける

















最近の仕事の疲れもあってよく寝れた



















起きた瞬間 とある感情が頭によぎる












あーよく寝たー! セックスしてえ!!



















すぐにシャワーを浴びて髪をセットし街に出る!


















セックスしたいと思ったら街に出る!!






















女の子に声をかけて関係を築いて抱かせて頂くって
いうのが日課の銀時は今日もいつも通りの道順でいつも通りの感覚でいつも通りナンパする






















ただ1ついつも通りと違うところは 基本綺麗系の
女性が好きだか今日は可愛い系の女の子と
イチャイチャしたいと思い いつもと違う層の
女の子に声かけをする





















はじめて約1時間後 大きめのカバンを持った小柄な
女の子を発見






















細くて小さい体に 不自然なくらい大きなカバン



















旅行者???




















顔は一瞬だけ。たぶん若いハタチ?くらい





















可愛い系のいつもなら声かけない女の子だけど
今日はその気分























すぐに追いかけて追い抜く瞬間に声かける











「ちょっww 荷物大きすぎない?w
1個持ってあげ、、、」






















違和感を感じる



























若いとは思ってたけど、若すぎるし雰囲気がおかしい



















たぶん高校生、、? くらい
どんよりした雰囲気をまとってる


















やべー、やばそうな子に声かけてもたww



















すぐにUターンして離れようとした瞬間 腕掴まれる。







「持ってくれないんですか??」




「いやいやいやいや、高校生でしょ?w
持たねーよ ちゃんと家帰りなー」



「高校辞めたんで行ってないです!」



「そういう問題じゃないw 17とかやろ?」


「はい、17歳です!!」


「犯罪になるわw ごめんごめん 気を付けて帰って」


「帰れない。」


「えっ?」


「帰れないんです。」


「どゆこと??」


「家出したんです」


「家出少女かよw それでそんな大きな荷物持ってんのか! 親は?」


「縁切りました!」


「縁なんか切れないからw バカかw」


「ほんとです、だから出てきました」


「はいはいはいはい、てか飯食った?」


「食べてないんですよ、お腹すきましたー」


「焼肉いこか! おごったろー」


「いいんですか? いぇーい」


「そういう時は一旦 建前で断るんやで!w」


「私素直なんで!w」










何か放っておけなくなっていい焼肉連れて行って
あげたかったけどそんな器のデカさを持ち合わせて
居ない銀時は道○堀の いろ○や に行く。










そこでいっぱい話を聞く










どこからきたのか?









どんな理由で親と喧嘩したのか?








これからどうするのか?













向こうの話を聞くだけじゃなくて こっちの話も
いっぱいしてあげる











子どもの時の親とのエピソード













反抗期の時の親とのエピソード















大人になってからの親とのエピソード
















ようするに家族っていいよ。っていうのを
永遠と話し続ける。



















幸いナンパしまくってるのもあってトークに
説得力を持たせるのは得意。


















「ちゃんと帰ってお父さんに謝りな」



「叩かれるしいやだ」


「じゃあ帰る前に俺の前で電話しい
まずそれで謝ろう 電話ならパンチ飛んでこないやろ?
電話しよう!」


「んー、わかった、、」













実際はこんなすんなり行ってないし
超グダられてグダ崩しをして、、って
何回も何回も繰り返してる
























「もしもし、、、?」











電話が始まった














個室の席に通されたので人目も気にならずに俺ものんびり眺めてられる



















話して行くごとに お父さんがエスカレート
して来てるのだろう 何を言ってるかまでは
聞き取れないが 怒鳴り声が漏れてる


















泣きながら電話してる 前で半笑いで頑張れーって
ジェスチャーで応援する




























すると女の子の口から信じられない言葉が出る










「知らない人と焼肉食べてる。」





!?!?





「それ言っちゃダメだよ!」






思わず声が出る



























女の子が電話をこっちに向けて















「お父さんが電話かわれ! 」 だって、、、














一気に心臓の鼓動が早くなった



























無理やってー 絶対キレられるやん
おれ怒られるの嫌いなのに、、、






とか思いながら恐る恐る電話に出る

























「もしもし、、、?」











































会話は割愛するが素晴らしいお父さん









全部正直に話した












ナンパ目的で街に出て来て フラっと
声かけた子がたまたま家出少女やって
何か放っておけなくって お腹すいたって
言うから焼肉食べに来て話聞いてた。 と








お父さん泣いてた。















「ありがとうございます。」って















おれも泣いた、、








って言うのは嘘だけど、泣きそうな気持ちで
親っていいなーって思いながら
















1つだけ 俺が言える立場じゃないけどお願いした。




















「僕めっちゃいっぱい話聞いて この子が
悪いって思ったんで怒ったんですよ
だからもう帰ったら話し合うだけにして
叩くのは辞めてあげて下さい、、」











1ミリも怒ってないけど ここは怒った程に
した方が聞いてもらいやすいと思って嘘ついて





俺の叩かないであげて打診を通して電話を切る。



















そのままデザートにシャーベットを食べて駅まで送る








「2度と家出すんなよー、約束やで」










さっきまで泣いてた顔が嘘みたいに最高の笑顔で










「わかったよー! ○○くん彼女いるのー?」



「いないよ」



「なんでー?作らないの?」



「出来ないからだよ!w」



「ふーん LINE交換しよー インスタやってる?」



「インスタやってないよ、LINEはあと5年後
くらいにもう一回聞きに来て(^^)」



「寂しいわー」



「俺ら出会ってすぐ肉食っただけやんけw
大丈夫、帰って寝たらすぐ忘れるよ、気を付けてな」



「彼女いなかった 5年後遊んでね」



「はーい」














余裕でサラッと流したけど本当にいい子で
全然LINE交換するのもありやと思ったけどww





さすがに17歳はあかんわ、と思って制御して解散







































その帰り道












































ふと会話を思い出す




























そーいえば俺どれくらい彼女おらんのやろ、、、?































1年、、2年、、3年、、、、 もう4年もおらんのかぁ


























そろそろ好きな人ほしいなぁ






















てか好きってなに??

































好きすぎて やばい! って感覚昔はあったよなぁ


































恋愛したい























彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい、、












































ナンパをしてたらどんどん女の子と出会える。





















普通じゃ考えられない人数の女の子を抱ける機会が
あって毎晩毎晩ヤってると感覚がおかしくなってくる






















素敵やな。って思える人と出会えても
「けど、まだもっと素敵な人居てるのでは?」って
考えてしまう



















もっと、、、もっと、、、もっと、、、って





















理想ばかり大きくなって見えない誰かをずっと
追いかけてしまう。




















このスパイラルにハマったらもう戻れない





















普通の人は学生時代の友達、職場、紹介など
だいたいその辺りのコミュニティーで恋愛する




















けどナンパを本気でしてしまうと普通の人の一生分の
出会いを数ヶ月〜1年くらいで余裕でこなしてしまう

























感覚が狂ってくる、、、























ねえねえ ナンパの神様見てますかー?




























一人の女の子をナンパをきっかけに救いました。

























もし見てるなら「スト高即らせて下さい」とか
「巨乳女子即らせて下さい」とかそんな厚かましい
わがまま言わないんで 僕を普通の人の感覚に戻して下さい、、、


























この世界から一生抜けれない、、











































いきなり病んで来た































メンヘラかよ!w って自分で自分にツッコミを
入れながら御○筋を歩く。





























すると とある顔が頭によぎる































お父さんとお母さん。



























最近そう言えば話してないなぁ 元気してんのかな?

























電話してみよ。












































プルルルル プルルルル







































プルルルルプルルルル






































プルルルルプルルルル


















ガチャ

















「もしもし、、、?」





「なんやねん、 こんな遅くに」





「久しぶりに話そうと思ってww」




「きっしょいなぁw 仕事頑張ってるか?」




「最近忙しすぎてわろてる」







































今日は疲れたからもう寝かせろとのことで
数分しか話せてないけど心が元気になった































電話切って気分も上がって来たことでちょっと
だけしよっかなぁ















未来の彼女探し!








ってことで声かけ
























白のワンピースが似合う 綺麗系女子














「あのさー、お姉さん聞いて!」



「え、?あ、はい?」



「さっき俺 家出少女説得してちゃんと家帰したねん
すごくね?」


「あ、はあ?」


「てか手のバンドエイドどうしたん? 怪我?」


「飼い犬に噛まれたんですw」


「どうせ飯食うてる時に触って噛まれたんやろw」


「違います!w そんなんじゃないですw」














いい感じで和めたけど このあと予定あるとのことで
バンゲだけして放流








今の子 綺麗やったなぁ







どうやって準即しよかなぁ?って考えてたら












浮かれてきて御堂筋の交差点3歩で渡ったった
















































ってことでまだまだナンパ辞めれそうにないです。














めちゃくちゃ楽しい。















女の子大好きやから話してるだけで幸せ













































とりあえず こんな長々と色々書いたけど


































何が言いたいかと言えば









































みんな死ぬほど親孝行しよーぜ





ってこと











女の子と連絡の間に1通でもLINEしてみたら、










時間があるなら5分でも電話してみたら、










めちゃくちゃ喜んでくれるはず!






























ナンパをきっかけに17歳の家出少女が大切なことを
思い出させてくれました。


















































ページトップ